笹倉鉄平 TEPPEI SASAKURA 新感覚風景画の巨匠

  • フレームド・オータム・カラー
  • 河沿いのトラム
  • 言葉のかわりに
  • レ・ドゥー・ギャルソン
  • カダケス2010
  • フローティング・スプリング・カラー
  • 12月のティールーム
  • ブリッゲン
  • 朝霧のケンジントン公園
  • ヴィスビーのクレープリー(モーニング)
  • ヴィスビーのクレープリー(イブニング)
  • ヴァンドーム広場
  • ゲトライゼ通り
  • アパルトマンの窓辺
  • 芸術橋の上で
  • 水辺のスケッチ・スィート ドナウ川支流の村
  • 水辺のスケッチ・スィート ルツェルン夕景
  • 水辺のスケッチ・スィート リュクンブール公園の泉
  • 水辺のスケッチ・スィート スケート遊び
  • ビスケットショップ
  • 八坂の塔
  • 雪の町家通り
  • オストゥーニ
  • モルジュの夕陽
  • 寿ぎの窓辺
  • アルテ・マイン橋
  • ヴァカンス
  • 芸術家村の通り
  • プティ・ボヌール
  • エクリューズ浜
  • リュ・ド・ノエル
  • スターアトラス/天星図
  • マロニエの木陰で
  • キァンティ
  • グレヴダイの庭
  • バルカローラ
  • イルミネーション
  • 浜辺の日曜日
  • ヴァイオリン工房
  • ローテンブルクの雨
  • シーズンズ・スィート
  • 桜茶屋
  • ホタル
  • 彩り
  • 風花
  • 灯り
  • 月の記憶
  • アトラーニ
  • ヴィーナスの港
  • 森のむこう
  • 雨のポルトフィーノ
  • ブルーメンス
  • 祝福
  • ポンタヴェンの朝
  • 大きな木と小さなカフェ
  • 手作り篭の店
  • バイオリンの森に
  • エヴァーグリーン
  • 雨あがり
  • オンフルール
  • 白い時間
  • ロクブリュヌ
  • アフターグロウ
  • それぞれのひと時
  • あじさい寺

1954年、兵庫県に生まれる。
1987年、毎日新聞カラー別刷り版に、ドイツを描いた< Romantic Gallery>、フランスを描いた<ロマン色の街角>を連載。
1990年、青山スパイラルギャラリーでの個展を機に画家としての活動に専心し、以後130作品を超える版画を発表、また各地での個展、画集出版などを行う。

2001年、作品<祝福>がイタリア、フィレンツェ、日本文化経済交流協会の公認作品となる。
2004年、'05年、イタリアにて、'06年、北京にて展覧会を開催。
'07年、ニューヨーク・アートエキスポ出品。
'08年、パリにて京都市後援による個展を開催。

笹倉流の旅から作品が生まれる

笹倉氏の旅は観光地とは無縁です。勘を頼りに、丘を越え路地を歩く。イマジネーションを持ち帰り、数ヶ月に渡って作品に仕上げる。
その実直なスタイルが、優しさや穏やかさ、安らぎやゆとりとなって作品となります。

心を伝える努力が

その穏やかな雰囲気からは想像がつかないほど、情熱と探究心を持つ笹倉氏。点描画的な表現や色鉛筆・油絵具を用いた表現手法など、美しさを求めて努力と挑戦を重ねています。

コミュニティー

当サイト内で使用している全ての画像、文章にはそれぞれ著作権、版権を有しています。無断での転用、引用は禁じます。