中島千波 CHINAMI NAKAJIMA 花とともに咲き誇る、日本画壇の人気作家

  • 作品名不明

中島千波画白略歴

1945年

日本画家、中島清之の三男として、疎開先の長野県小布施に生まれる。

1969年

東京芸術大学日本画科卒業。第54回院展に初入選する。

1971年

同大学大学院を修了。日本美術院院友に推挙される。

1977年

第32回春季院展に初入選。第62回院展で奨励賞受賞。

1978年

第33回春季院展で奨励賞受賞。

1979年

第5回山科美術館賞展で優秀賞受賞。

1985年

第1回裸婦大賞展で大賞受賞。

1988年

第73回院展で奨励賞受賞。朝日新聞の連載小説「きのね」(宮尾登美子作)の挿絵を制作。

1989年

第44回春季院展で奨励賞受賞。

1990年

横浜三峡園臨春閣の襖絵「不二と桃花図」「松林図」を完成。第75回院展で奨励装受賞。特待に推挙される。

1991年

第46回春季院展で奨励賞受賞。第76回院展で奨励賞受賞。

1992年

長野県小布施町に「おぶせミュージアム・中島千波館」が開館

1994年

東京芸術大学美術部助教授に任命される。鎌倉鶴岡八幡宮の斎館壁画「日和麗麗孔雀の図」を完成披露。

1995年

久遠寺の瀧桜、四曲半双屏風を制作。歌舞伎座鍜帳「淡紅白梅図」完成。パリ三越エトワールにて「中島千波の世界」展開催。

1996年

日本橋三越でパリ展の帰国記念展開催。日本橋高島屋で第1回「目-それぞ れのかたち展」開催。

2000年

東京芸術大学美術部教授に就任。

現在、日本美術院特待、日本美術家連盟会員、東京芸術大学美術学部教授。東京在住。

当サイト内で使用している全ての画像、文章にはそれぞれ著作権、版権を有しています。無断での転用、引用は禁じます。