平山郁夫

文化勲章受賞
日本美術院理事長
東京藝術大学学長

■プロフィール

1930年

広島県豊田郡瀬戸田町に生まれる。

1952年

東京美術学校日本画科卒業。東京美術学校日本画科助手となり、前田清邨に師事する。

1953年

再興第三十八回院展に「家路」を出品し、初入選する。

1955年

日本美術院院友に推挙される。

1959年

「仏教伝来」制作。以来、仏教説話に題材をとった作品を発表する。

1960年

「入涅槃幻想」制作。日本美術院特待に推挙される。

1964年

日本美術院同人に推挙される。東京芸術大学美術学部講師となる。

1969年

東京芸術大学美術部助教授となる。「高燿る藤原京の大殿」制作。

1970年

日本美術院評議員となる。

1973年

東京芸術大学美術学部教授となる。「群畜穹間」制作。

1976年

シルクロードを題材とした一連の作品に対して日本芸術大賞を受賞。

1978年

再興第六十三回院展出展作「画禅院清邨先生還浄図」が内閣総理大臣賞受賞。

1981年

日本美術院理事となる。

1989年

東京芸術大学学長となる。「皓月ブルーモスク」制作。「法隆寺」制作。フランス政府より芸術文化勲章受賞。

1993年

文化功労者として顕彰される。

1996年

日本美術院理事長に就任する。

1997年

ユネスコより世界文化遺産保護の貢献に対し金メダル表彰を受ける。広島県豊田郡瀬戸田町に「平山郁夫美術館」開館。

1998年

文化勲章受賞

1999年

奈良・薬師寺玄奘三蔵院の「大唐西域壁画」完成。

2001年

東京芸術大学学長に再任される。

2002年

ユネスコ親善大使としてアフガニスタンの実情を調査。再興第八十七回院展に「故城下村民帰牧図」(インド・ジャイサルメール)を出品。

2004年

山梨県北巨摩郡長坂町に「平山郁夫シルクロード美術館」開館。

当サイト内で使用している全ての画像、文章にはそれぞれ著作権、版権を有しています。無断での転用、引用は禁じます。